デイトレードの魅力と危険性


fsfdyowerk 金融商品の取引で、1日のうちに売買を済ませ、ごく短い期間で利益を上げようとする投資方法をデイトレードといいます。株式やFXなどが有名で、バイナリーオプション業者ランキング&ブログ体験記サイトなどから耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか。たとえば東証であれば営業日である平日の9時から11時半、および12時半から15時までの間。またFXならば24時間いつでも、このデイトレードを行うことができるのです。デイトレの最大の魅力は、損益の分かりやすさでしょう。

投資というのはもともと、長い目で企業などの成長を見てじっくり行うのが基本です。ただ、それは同時に、利益が出るまでにも長い時間がかかってしまうことを意味しています。その点、デイトレならばその日のうちに利益が確定してしまうので、損益が目に見えて分かるわけです。たとえばデイトレを生業にしようと思うなら、1日に1万円は利益を上げる、などと目標も立てやすくなります。特にインターネットが発展した現在では、情報収集が誰にでも行いやすく、また24時間いつでも取引できるFXの登場により、これまでにないほどデイトレが身近なものとなっています。

デイトレードの基本はハイリスクハイリターン

では、デイトレードのデメリットとは何でしょう。まず挙げられるのは、なんといっても予備知識の重要さでしょう。株価や為替の動きを表したチャートを用いて、そこからさまざまなテクニカル分析によって予測をしていかなければいけません。

さらに、その場での素早い判断も必要となります。それだけではなく、基本的につねに目の前の相場の動きをチェックしている必要があるので、それだけ時間に余裕があるということも前提となります。また、メンタルコントロールも欠かせない要素のひとつです。そしてこれだけ周到に準備をしたところで、結局は運次第で決まってしまうということもまた珍しくないことなのです。

つまり、非常にリスクが高い取引方法だという側面があるわけです。そのために、デイトレはある種のギャンブルだと考える人も少なくありません。実際に、どんなに経験豊富なプロの投資家であっても、デイトレで損失を避けることはとても難しいのです。たとえば、かつてノーベル経済学賞の受賞者が設立したヘッジファンドがありました。しかしその結果はというと、多額の損失を出して破綻するという悲惨なものでした。

投資に絶対はない、ということがよく分かるエピソードではないでしょうか。資産運用のアドバイザーが長期投資を勧めるのも、結局はそれが一番安定して利益を上げる可能性が高いからなのです。FXでわずか1週間ほどで100万円の利益を上げることに成功した人でも、もう二度と手を出す気にはならない、と言う人もいます。それほど恐ろしい面があるのが、デイトレの正しい姿といえるでしょう。もともと、投資というものは信頼や期待をする企業などに資金を提供して、その成長により利益を得ることが目的です。
しかし、デイトレのように激しい売買を行っていては、そういった目的を果たすことはできません。それは投資の本来あるべき姿とは、やはり違うものなのです。そこで投資と区別して、デイトレのようなやり方を「投機」と言うこともあります。また、ギャンブルに近い「マネーゲーム」であるとも捉えられがちです。このように、デイトレは本来の投資からは大きく外れたものだということは、つねに頭に入れておきましょう。
つまり、長い時間をかけて安定的に資金を運用するのではなく、あえて高いリスクを取って短期で大きな収入を得ようというのがデイトレです。投資以外でも同じことはいえますが、結局長い時間をかけて行うということは、その分だけ大きな損失を出すリスクと引き換えになっているものなのです。これから投資を始めようという人は、まずは本来あるべき長中期的な取引をするのがよいでしょう。投資にあまり触れたことがない人ほど、取引というとデイトレのようなハイリスクハイリターンの激しいものをイメージしがちです。しかし実際には、デイトレは多くの知識や経験を積んだ上で、さらにギャンブルと十分理解して行うべきものなのです。



関連記事一覧
役に立つ情報


LINK
資産の形成


サイトについて
ご利用前に
責任者