長い視野を持つ長期投資でリスクも軽減


fsdfhywekk 投資する金融商品の中でも、リスクがあまりなく安全と言われているグローバルバランス型ファンドですが、やはり100%リスクがないとは言い切れません。年利が7%と高く、普通預金などと比べるとはるかに良いとされる利率ですが、2008年に起きたリーマンショックのような事例では、赤字に転じることもあります。

さすがにリーマンショックのような世界経済に大きな影響を与えるニュースでは、その一年だけ赤字になってしまうリスクはあるのです。ですから、利益を確実に得たいと考えるのであれば長期的な投資として長い目で見ていくことが必要です。最低でもその期間は10年は必要と思ってください。

お金が必要な時にだけ引き出すというスタイルにして、グローバルバランス型ファンドとは一生涯をかけて投資していくという覚悟を持つことをお勧めします。世界全体の経済は、何かをきっかけに停滞することもありますが、長期的視野で見ると必ず成長し続けていくものです。経済が落ち込んでしまい赤字に転落してしまうような年があっても、気にしない姿勢を保つことが大切です。

世界の資産に分散投資をしている投資家たちの統計データからは、「総合して見ても、元金割れは今までにない」という結果が出ています。これらの投資家たちは、ここ数十年の間に世界の株式や債券に投資をし、もちろん2008年のリーマンショックも経験しています。将来の資産を形成する上で、人間の心理というものは、時間をかけずにすぐ手中に入る小さな利益を優先しがちです。なぜ分配金のある短期外債ファンドが人気なのか、ここには人間の行動心理がよく現れていると言えるでしょう。

投資だけではなくビジネスにおいての側面でも言えることですが、近い将来は時間投資をコントロールできる人こそが、お金を制することができると言えます。投資は時間をかけて行うことが大切ですが、それよりも「投資したお金はそのまま置いておく、放置時間を作る」ことの方が重要な意味を持つことになります。

これは投資資金を多く持つ人、そうでない人に限らず誰しもができるアクションです。地道にコツコツと資産を形成するなら、分配金で得た利益で再投資するようにし、運用手数料の安いインデックス運用されたファンドがお勧めです。分配金は自動的に再投資に回され、運用手数料が安く、かつインデックス運用されているグローバルバランス型ファンドならば、確実に資産を形成することが可能です。



関連記事一覧
役に立つ情報


LINK
資産の形成


サイトについて
ご利用前に
責任者