FXのデイトレーダーについて


fds78kk FXのデイトレーダーとは為替相場で日計り取引を行うトレーダーのことです。新規ポジションを取ったら明日に持ち越しせずにその日のうちに決済、取ったポジションを解消します。FXでは差金決済なので同じ証拠金で何度も繰り返し取引できるのでデイトレードに向いています。

数分から数十分の間で何度も取引を繰り返すスキャルピングや、数時間はポジションを保有するデイトレードなどデイトレーダーによって手法が違います。スキャルピングではわずかなpipsを狙いますがFXではレバレッジをかけられるので効率よく稼げます。FXではスプレッドとスリッページの取引コストがあります。スキャルピングで取引回数を多くするとこの取引コストが結構ばかにならないです。

そのためスキャルピング手法を使うデイトレーダーはスプレッドが低いFX業者、スリッページの少ないXM TradingのFX業者に口座開設したり、スプレッドが低い米ドル/円や、値動きが激しく大きなpipsを狙える英ポンド/円などの通貨ペアを使用することが多いです。デイトレーダーはファンダメンタル分析またはテクニカル分析を行いながら取引することが多いです。ファンダメンタル分析では経済指標などを参考にします。

特に米国の雇用統計といった重要な経済指標の発表時は乱高下することが多く、大きなpipsを狙えます。テクニカル分析ではボリンジャーバンドや移動平均線、トレンドラインなどのトレンド系指標、RSIやMACD、ストキャスティクスなどのオシレーター系指標を使うことが多いです。為替相場ではトレンド相場という価格がある程度上下しながら、どちらか一方的に動き続ける相場があります。

上昇トレンドでも下落トレンドでもFXでは両方稼げるのでこのトレンドを捕まえられるとデイトレードでも大きな儲けが出ることがあります。トレンド系指標を使うとトレンドを把握しやすいです。為替相場ではレンジ相場という一定の範囲で価格が上下しながら、横ばいが続く相場があります。範囲の下限に来たらロングを、上限に来たらショートポジションを取ると往復で稼ぐことが出来ます。トレンド系指標ではレンジ相場であるかも把握しやすく、オシレーター系指標を使うとレンジ内の強弱を把握しやすいです。

このためトレンド系指標とオシレーター系指標を併用するデイトレーダーが多いです。デイトレードをこれから始める方はまずは慣れるまでFX業者のデモ口座で試してみると良いです。デモ口座ではバーチャルマネーで取引することが出来ます。注文の仕方もこれで覚えることが出来ます。



関連記事一覧
役に立つ情報


LINK
資産の形成


サイトについて
ご利用前に
責任者